美容整形のトラブルを訴訟弁護士が解決、頼れる大きな味方

カウンセリング

被害を減らす

失敗の定義がとても難しい

美容整形において、失敗の定義はとても難しいと言われています。医師は成功と言っていても、患者本人が気に入らない場合は失敗ということになってしまいます。この場合は、泣き寝入りしてしまうことになるでしょう。 しかし、医師も認める明らかなミスをした場合は失敗と認められます。傷つける必要のない部位を傷つけられてしまった場合や、ある器官が機能的に損なわれてしまった場合などです。 また、事前に説明を受けた事柄がきちんと守られなかった場合も、失敗と認められるようです。 美容整形の場合、何らかのミスが起こっても「あなたの体質の問題」などという理由で片づけられてしまうことがあります。そこで泣き寝入りしないためにも、自分で事前にその施術についてある程度知識を身につける必要があります。 明らかに失敗なのに病院側がはぐらかす場合は、美容整形に詳しい訴訟弁護士に依頼をしてみましょう。

まずは国民生活センターに相談

美容整形に失敗したら、国民生活センターにまずは通報をしましょう。そうすることで、今後自分のように美容整形を失敗されてしまう被害者を減らすことができます。 また、国民生活センターは弁護士会などと連携して問題を解決してくれます。そのため、美容整形に詳しい訴訟弁護士を紹介してくれることもあるでしょう。 訴訟弁護士に依頼をした場合、病院と示談をして問題を解決することもあるでしょう。しかし、それでは解決しない場合は本当に訴訟を起こさないといけなくなります。別の医師に手術が失敗したという診断書を書いてもらう必要も出てきます。診断書を書いてくれるような医師を知らなくても、美容整形問題に詳しい訴訟弁護士ならば、診断書を書いてくれる医師を知っているでしょうから、紹介してもらえることでしょう。。