美容整形のトラブルを訴訟弁護士が解決、頼れる大きな味方

カウンセリング

専門の弁護士

美容整形の失敗における問題点

美容整形は、一般的な病気や怪我の手術とは別物に見られがちですが、実際には立派な医療行為の一つです。失敗したのならば訴訟を行うこともできます。しかし、これは他の医療行為の場合でも同じですが、専門的な行為に関する話が分からず、患者側がなかなか訴訟に向けての行動に移りにくいということがあります。また、美容整形の場合、整形をしたことに対する引け目を感じ、泣き寝入りしてしまうケースも少なくありません。 そういう場合は、まず相談をすることが大切です。最終的に取る行動は訴訟だけではありません。示談交渉ということもできます。まずは、消費生活センターに相談するか、美容医療事故に詳しい専門の訴訟弁護士や司法書士に相談をすることが解決への近道です。

訴訟を起こす場合の流れ

医師に美容整形の失敗を認めてもらうためには、自分たちだけではなく訴訟弁護士や司法書士に協力してもらう方が心強いです。示談交渉のための内容証明郵便作成や訴訟に踏み切るアドバイスをもらうだけでも、とても力になります。 しかし、訴訟弁護士に相談するには相談料がかかるので、まずは訴訟で勝ち取れる内容なのかを確認するだけでもいいと思います。訴訟弁護士は、最初の相談は無料だったり、着手金は安く報奨金がメインだったりなど、在籍する事務所によって費用は様々です。 美容整形に関する訴訟は、法律だけでなくその医療行為についても詳しい必要があるので、弁護士の中でも特にその領域を専門にしている人を探すことが大切です。インターネットなどでも簡単に調べられるので、泣き寝入りせずにまずは行動に移すことが必要です。